ご転職事例

事例4:K・S様 (35歳)男性 大学卒

転職前の職歴

大手コンピューターメーカーの営業職でいらっしゃいましたが、業績不振による部署異動が発生し希望のスキルが積めないと判断した為退職されました。

転職後の職歴

大手生保系システムインテグレーターにご紹介、入社。 ソリューション営業として、新規開拓に従事。

年収推移 :500万⇒500万+残業代

コンサルタントから一言

コンピューターメーカー業績不振のあおりを受け、自分の所属部署が 消滅してしまい、急遽転職せざるを得なくなってしまった方でした。 前回の苦い経験から、とにかく「安定した」企業への転職を希望されていましたので 大手生保100%出資の、大手SIerをご紹介。最高の安定性と生保系の手厚い 福利厚生を手に入れられました。

事例5:M・S様 (51歳)男性 大学卒

転職前の職歴

大手設備メーカーの営業統括部長でいらっしゃいましたが 業界全体の業績不振により社内の早期退職制度に応募され退職されました。

転職後の職歴

1部上場のセキュリティ商品メーカーにご紹介差し上げ入社されました。 住宅セキュリティ商品の営業統括として、今までの「設備」のキャリアを 活かした転職をされました。

年収推移 800万⇒820万

コンサルタントから一言

住宅設備関係の営業キャリアを活かせる求人を探していらっしゃいました。 弊社にて住宅セキュリティ商品の営業統括の求人をご紹介。本人セキュリティ商品の 取り扱い経験はありませんでしたが、営業顧客の類似性とマネジメント力が高く 評価され、部長待遇で入社されています。

事例6:K・I様 (35歳)男性 大学卒

転職前の職歴

韓国系システムインテグレーターにて、プロジェクトリーダー としてシステムの開発をしていらっしゃる方でした。

転職後の職歴

1部上場の建設コンサルタント会社をご紹介差し上げ入社されました。 勤務地が大阪になり、転居の必要がありましたが 母国韓国と日本のブリッジSEとして活躍されています。

年収推移 450万⇒500万+残業代

コンサルタントから一言

ご紹介当初は、画像処理担当SEとして企業様にご紹介差し上げましたが 企業様より逆に「韓国ブリッジSE」をやってみないか?という提案を 頂きました。本人、母国にも貢献できる仕事ということで快諾。 現在、日本と韓国を行き来する忙しい日々を送っていらっしゃいます。

事例7:S・I様 (50歳)男性 大学卒

転職前の職歴

大手通信企業の総務・人事課長でいらっしゃいましたが ご親族の看病の為退職。約1年離職していました。 看病の必要性がなくなった為、再び総務職での転職を目指されていました。

転職後の職歴

2部上場の建設コンサルタント会社にご紹介差し上げ入社されました。 総務課長として人事制度の見直しや総会準備など忙しい中にも充実した日々を 過ごしていらっしゃいます。

年収推移 600万⇒610万

コンサルタントから一言

離職期間が長いことを理由に転職で苦労されていましたが、 離職の理由を詳細にヒアリングし、応募企業様にもできる限り誠意を持って 離職期間の事情をお伝えしました。
その甲斐あってか「離職期間の長さよりも中身が大事」といって頂ける企業様と 出会い、ブランクがあったにも関わらず前職とほぼ同額の年収で就職されました。